天龍寺(てんりゅうじ)


天龍寺(てんりゅうじ)

〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68


天龍寺・方丈庭園 臨済宗天龍寺派大本山の寺院。山号は霊亀山(れいぎざん)。寺号は詳しくは天龍資聖禅寺(てんりゅうしせいぜんじ)である。本尊は釈迦如来、開基は足利尊氏(あしかがたかうじ)、開山は夢窓国士(むそうこくし)である。元々の寺域は広大で、名勝嵐山や渡月橋、天龍寺の西側に広がる亀山公園などもかつては境内地であった。

CIMG1519 広大な寺域と壮麗な伽藍(がらん)を誇った天龍寺だが度重なる火災に見舞われ、特に文安の火災と応仁の乱での被害はひどく、天正13年(1585)に豊臣秀吉の寄進を受けるまで復興できなかった。また蛤御門の変の際は長州軍の陣営となり、兵火のために再び伽藍を消失し、明治10年(1877)には上地令によりその寺域をかつての10分の1にまで減らした。その後も再建は続き、昭和10年頃に現在の形になり近年「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。


アクセス:京都市営バス(11・28・93系統)「嵐山天龍寺前」下車すぐ

拝観時間:8時30分 ~ 17時30分(17時30分に閉門)

拝観料:庭園(曹源池・百花苑)高校生以上:500円 小・中学生:300円 未就学児 :無料
諸堂参拝(大方丈・書院・多宝殿)上記料金に100円追加
法堂「雲龍図」特別公開 一人500円(上記通常参拝料とは別)
※土日祝日のみ[春秋は毎日公開期間あり]
9時~17時(10月21日~3月20日は16時 閉門)

ホームページ:http://www.tenryuji.com


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です