広隆寺(こうりゅうじ)


広隆寺(こうりゅうじ)

〒616-8162 京都府京都市右京区太秦蜂岡町


広隆寺・楼門 右京区、太秦にある広隆寺は真言宗系単立寺院である。地名から太秦広隆寺と呼ばれることも多く、その名の通り、帰化人系の氏族である秦氏の氏寺であり、平安遷都以前より存在する日本最古の寺院である。

広隆寺・上宮王院 恐らく、日本で一番有名な弥勒菩薩像であろう国宝の弥勒菩薩半跏像を蔵することで知られ、聖徳太子信仰の寺としても有名である。


アクセス:京都市営バス(11系統)京都バス(72・73、他系統)「太秦広隆寺前」バス停下車

拝観時間:9:00~17:00(12月~2月末は16:30)

拝観料:霊宝殿(大人 700円 高校生 500円 中学生 400円 小人 400円)

ホームページ:無し。(電話番号:075-861-1461)


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です