龍安寺(りょうあんじ)



龍安寺・石庭02

龍安寺(りょうあんじ)

〒616-8001 京都市右京区龍安寺御陵下町13


龍安寺・石庭01

右京区にある臨済宗妙心寺派の寺院で方丈庭園で知られる。山号は大雲山。本尊は釈迦如来で、宝徳2年(1450年)に細川勝元が創建した。開山は義天玄承(ぎてんげんしょう)。「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。開祖である細川勝元が当事者でもある応仁の乱で焼失したが長享2年(1488年)に再興された。

鏡容池その所在地は藤原北家の流れを汲む徳大寺実能(とくだいじさねよし)以来、徳大寺家の山荘であったところを、細川勝元が譲り受けたものであり、中央にある鏡容池(きょうようち)は焼失以前からの姿のままである。方丈庭園、すなわち枯山水の石庭があまりにも有名だが龍安寺の庭園はこの鏡容池を中心とした回遊式庭園となっている。


アクセス:京都市営バス(59系統)龍安寺前バス停下車すぐ

拝観時間:3月1日~11月30日     8:00 – 17:00
12月1日~2月末日      8:30 – 16:30

拝観料:大人・高校生 500円     小・中学生 300円

ホームページ:http://www.ryoanji.jp/


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です