妙蓮寺(みょうれんじ)


妙蓮寺(みょうれんじ)

〒602-8418 京都府京都市上京区寺之内通大宮東入妙蓮寺前町875


妙蓮寺・山門 日蓮を宗祖とする永仁2年(1294)に創建された本門法華宗の大本山。山号は卯木山、本尊は十界曼荼羅。日蓮の弟子である日像により創建されたが、その後、荒廃。日慶により再建されたものの、天文5年(1536年)、天文法華の乱で焼失し、天正15年(1587年)、豊臣秀吉の命により、現在地に移転。妙蓮寺・鐘楼 さらに西陣焼けや天明の大火による焼失もあり、寛政元年(1789年)に再建されたのが現在へとつながっている。松尾社一切経など多くの文化財を所蔵、塔頭8院をもつ。妙蓮寺・十六羅漢石庭  石庭は秀吉から賜った臥牛石(がぎゅうせき)を中心とした枯山水で、仏陀に見立てた大きめな石の周りに十六羅漢に見立てた置石が表情豊かに配置されている。


アクセス:京都市営バス(9.12系統他)「堀川寺ノ内」バス停下車 徒歩3分

拝観時間:10:00~16:00

拝観料:大人 500円 中学生以下 300円(特別拝観(宝蔵庫)の場合300円プラス。※要予約)

ホームページ:http://myorenji.or.jp


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です