清涼寺(せいりょうじ)/嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)


清涼寺(せいりょうじ)/嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)

〒616-8447 京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46


嵯峨釈迦堂・山門 嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)の名で知られる浄土宗の寺院で、京都十三仏霊場2番。開基は奝然(ちょうねん)、開山はその弟子の盛算(じょうさん)。もともとは、「光源氏」のモデルのうちの1人とも言われる嵯峨天皇の皇子・源融(みなもとの とおる)の別荘・栖霞観(せいかかん)があり、源融の没後、棲霞寺(せいかじ)となったのだが、その境内に建立されたのが清凉寺である。後に清凉寺が栄え、棲霞寺は廃れたが今も残る阿弥陀堂にその名残を残す。

清凉寺・本堂

清凉寺・多宝塔 本堂には「三国伝来の釈迦像」が安置され嵯峨釈迦堂の由来にもなる。また、この像の胎内からは、造像にまつわる文書、奝然の遺品、仏教版画など「小さな正倉院」と呼ばれるほどの多くの納入品が発見され、これらも像とともに国宝に指定されている。


アクセス:京都市営バス(28・91系統)「嵯峨釈迦堂前」バス停下車 徒歩約1分

拝観時間:9:00 ~ 16:00

拝観料:

一般 団体
大人 400円 360円
大学生 400円 360円
高校生 300円 270円
中学生 300円 270円
小人 200円 180円

※障害者割引有り※団体のみ要予約(電話、ハガキ)※団体割引は30人以上

 

ホームページ:http://kyoto.13butsu.org/02.html


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です