厭離庵(えんりあん)


厭離庵(えんりあん)

〒616-8427 京都府京都市右京区嵯峨二尊院門前善光寺山町2


厭離庵・山門01  秋の紅葉の時期にのみ一般公開される臨済宗天龍寺派の尼寺。元は藤原定家の小倉山荘であった。小倉百人一首はその名の通りこの地で編纂されたという。久しく荒廃していたところを冷泉家が修復し、霊元法皇(れいげんほうおう)より厭離庵の寺号を与えられた。

厭離庵02

厭離庵03 11月の初めから一ヶ月の短い期間のみの公開だが、その紅葉の色は他に類を見ないほどの深い紅色。数ある紅葉の名所の中でも穴場的存在ではあるが熱烈なファンも多い。


アクセス:京都市営バス(28・91系統)「嵯峨釈迦堂前」バス停下車 徒歩約10分

拝観時間・拝観時期:9:00~16:00 11月1日~12月7日のみ公開

上記以外は電話、または郵便での予約が必要。

拝観料:500円程度

ホームページ:なし    電話番号:075-861-2508


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です